画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドームについて

Daum1111.jpg


DAUM
兄オーギュスト・ドーム(1854-1909)
弟アントナン・ドーム(1864-1931)

 フランス・ナンシーに工場をもつドームは、ガレとともにアール・ヌーヴォー期に国際的な脚光を浴びたガラス製作所であった。ドームの歴史は普仏戦争(1870-71)の悲しい結末に関係する。
 アルザス地方ビッシュで公証人を営んでいた兄弟の父、ジャン・ドーム(1825-1885)は、普仏戦争の敗北によって家族を連れてナンシー地方に逃れてきた移民の一人であった。ナンシーには、中世からガラスの産地として知られてアルザス・ロレーヌの占領地から逃れてきたガラス職人達が幾つもの工房を開いていたが、その内のガラス工場(ヴェルリ・ド・サント・カトリーヌ)の経営を1878年から父ジャンが引き継いだことを機に、ドーム家がガラス製造に携わることになる。やがて二人の息子が事業を引き継ぎ、もともと弁護士を目指していた兄オーギュストが経営を任され、エンジニアの資格を持っていた弟アントナンが芸術監督を務めることになる。始めは食器類と時計用ガラスを手掛けていたが1889年パリ万博でガレの成功に感化され、自社の工房でもデザイン室を設け高級工芸ガラスの制作を始める。1893年からは画家ジャック・グリュベール、1897年からはアンリ・ベルジュがデザイン主任を務めるなど優秀な人材を数多く集め、やがて技術面でも独自の技法(アンテルカレール技法やヴィトリフィカシオン技法)を開発するなどして飛躍的に急成長していった。そして1900年のパリ万博では、ガラス部門でグランプリを受賞という栄誉に輝き、この頃にはガレと並びナンシーを代表する会社としてその名を世界に広めていった。
 1901年にはガレが発起人となって設立されたナンシー派(地方産業芸術協会)の副会長に弟アントナンが選出されるなど、ナンシーの産業にも大きく貢献した。
 1905年には家具職人ルイ・マジョレルとの共同制作のランプを発表、1906年から1914年までガラス作家アマルリック・ワルターを迎えパート・ド・ヴェール技法を導入するなど積極的に多くの作品を生み出していった。
 その後ドーム社は第一次世界大戦後のアール・デコの時代、そして20世紀の戦前戦後の激動の時代を乗り越えて現在に至っている。

 
 ドーム作品の特徴は、ナンシー派独自の自然の観察に基づいた花の装飾にある。植物をつぶさに観察して、その構造をデザインに活かすために、アンリ・ベルジェ率いるデザイン室のメンバー達は足繁く植物園に通い写生を繰り返した。ナンシーは当時ルモワールやクルースなど種苗業者の功績で、新種の交配や品評会が盛んに行われた国際的な園芸都市でもあった。ドームの作品にはロレーヌの草花や、新種の園芸品種、珍しい外国の温室植物など、幅広い種類の植物が採りあげられていた。またロレーヌの野原や森、四季の移ろいや雲の流れ、夕暮れのノスタルジーを映した風景作品もドームの大きな魅力である。
 ドームとガレの製品には様式的に近いものがあったが、ドームはエッチングとエナメル彩色を併用した作品やガラス素地の中に顔料(酸化金属粉)を散らしたマーブル地、ヴィトリフィカシオンによる変化に富んだ素地作りなど、ドーム独自の技法で個性を際立たせている。
また経営面でも、兄と弟の共同経営の下に複数のアーティストの個性を統括していくドームの姿勢は、ガレ一人の才能と個性に依存していたガレ社の場合とはかなり異なっていた。ガレが亡き後、ガレ社が一つの様式を守り抜き、最終的には時代の流行に取り残され閉鎖に追い込まれていったのとは対象的に、うまく時代の要求を読み取り、アール・デコ様式また戦後の経営にもうまく乗り現在も操業している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。